開封済みのウイスキーには賞味期限があるの?

<スポンサーリンク>

開封済みのウイスキーには賞味期限があるの?

ウイスキーやブランデーなどの蒸留酒はアルコール度数が強いことから、基本的に消費期限がありません。しかし、一度開封した後はどんどん悪くなってしまうので早めに飲むようにしましょう

 

ウイスキーは冷暗所への保管が良い

 

ウイスキーを劣化させるのは高音と直射日光なので、保管するときは日光の当たらない戸棚の中にするといいでしょう。より、品質を保ちたいときは箱に入れたりアルミホイルにくるんだりすることも有効です。ただ、保管場所として避けたいのは冷蔵庫です冷蔵庫は確かに暗く涼しいところですが、ウイスキーに嫌なにおいが移ってしまうことが考えられます。また、ウイスキーを冷やしすぎると香りが閉じてしまうので、常温に戻す時間も必要です。

 

開封済みの時は速めに飲むことが大切です

 

ウイスキーの香り成分は揮発性、アルコールも揮発性。つまり、開封済みのウイスキーは保管している間にどんどん気化してしまいます。その結果、味のないただの茶色い水と化してしまいます。賞味期限はおよそ半年から1年程度。さらには外気に触れることによる劣化もあるでしょう。そのため。〇〇年前のプレミア品であったとしても開封済みであればその味は期待できないのです。
ちなみに、コルク栓の場合はもっと蒸発しやすいので注意が必要。悪い環境にずっと置いておくと最終的には水分まで蒸発してしまうこともあるようです。

 

 

 

ウイスキーは開封した後は長期保存しないことです。美味しさを保ちたいのなら小さなボトルを選ぶのも一つの手と言えますね。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

冷蔵庫はNG!ウイスキーのおいしい保存方法
ウイスキーは蒸留酒なので晩酌をしても少ししか減りません。ところで、残ったウイスキーはどのように、いつまで保存できるのでしょうか?
これは酸化?ウイスキーは空気に触れるとまずくなる
ウイスキーを開封した後は味が劣化すると言います。では、どのように味が劣化していくのかはご存知ですか?ここでは知っておきたいウイスキーの気化と傘下についてお伝えいたします、
ウイスキーの味が劣化した?その原因は揮発成分にあった
ウイスキーに賞味期限があることは意外と知られていません。美味しく飲むためには開封した後にどう扱うかが問われます。
ウイスキーって腐るの?
開封したウイスキーを早めに飲んだ方がいいとは聞きますが、放置したとして腐ってしまうことはあるのでしょうか?

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果