ウイスキーの容量は1ボトルでいくら?

<スポンサーリンク>

ウイスキーの容量は1ボトルでいくら?

ウイスキーを買ってみたいけどちゃんと1本飲めるのか気になります。ウイスキーは一本当たり何ml位入っているのでしょうか?他の容量は選べるのでしょうか?

 

ウイスキーの容量は700mlくらい

 

ウイスキーの容量は大体700ml。これはヨーロッパで決められた基準で、ブランデーの基準がもとになっています。そのため、ヨーロッパで作られるウイスキーはスコッチ、アイリッシュ問わず700mlとなっています。対してアメリカの基準は750ml。これは5分の1ガロンの760mlの名残です。そのため、アメリカで作られたウイスキーは750mlのものが多いです。
しかし、日本における700ml前後の基準と言えば日本酒4合を表す720mlです。そのためか日本のウイスキーの一部は720mlのものがあります。ちなみにサントリーも最初は720mlだったようですが今は700mlです。

 

今は飲む量に合わせてボトルが選べます

 

でも、もっと飲みたいという方や、試しのみがしてみたいという方のためにボトルの大きさはある程度の種類があります。少ないものでは主に350ml、200ml、180ml、そして、一番小さいものでは50mlとなります。ここまで小さいと試し飲み以上にお土産や付録の側面も持ちます。

 

逆に大きいものなら1Lがあります。これはスコッチでもバーボンでもあります。ペットボトルで良ければ4Lのものも売られています。

 

 

 

そのため、たくさんのウイスキーを飲みたいときは小さなもの、業務用の側面もある場合はリットル単位で買うのがおすすめです。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

これだけは押さえておこう。ウイスキーの有名銘柄6選
ウイスキーについてもっと知りたい、そんなあなたが次に選んでみると良い銘柄をラインナップしてみました。どれも有名でありながら個性的な味わいを持っています。
日本のウイスキー、こんな銘柄があることご存知ですか?
ウイスキーの種類と言えばスコッチやバーボンなど海外産のものが多く浮かびます。しかし、日本にも山崎や余市をはじめとした本格ウイスキーが世界的に愛されています。ここでは会社ごとのお勧め銘柄を紹介します。
ウイスキーの5大産地とその特徴を紹介
ウイスキーの歴史はスコットランド・アイルランドから始まりました、かつては洋酒と言われたウイスキーも今や国産品を良く見かけます。ここでは、現在の主流となった5大産地のウイスキーについて紹介します。
ウイスキー、シングルとダブルの違い
ウイスキーを頼むとき、シングルいくら、ダブルいくらといった様に値段が書いていますよね?あれは一体何が違うのでしょうか?
ウイスキーってどんな味?
ウイスキーというと一見とっつきづらいお酒のように感じます。アルコールがきつそう、ものすごく癖のある味がしそう…いえいえ、そんなことはありません。むしろ、お酒が嫌いな人にこそウイスキーはお勧めです。
ウイスキーに梅干しって本当に合うの?
すっきりと美味しい焼酎の梅割りですが、ウイスキーにも梅干は合うようです。どのような味がするのでしょうか?
ウイスキーのあの臭い、正体は燃料だった
ウイスキーが苦手な理由として挙げられるのが、「臭いがきつい」というもの。これはどうやらアルコールによる酒臭さとは種類が違うようです。
ウイスキーのグラスはどうしてショットグラスっていうの?
ウイスキーやテキーラをそのまま飲むときにワン・ショットという頼み方もできます。ショットとはどのような意味なのでしょうか?
ウイスキーの度数は平均40°。それってどのくらい強いの?
強い強いと言われるウイスキーですが、実際のところは度数(アルコールの比率)がいくらくらいあるのでしょうか?その平均的な値から、特別な種類まで紹介します。
ウイスキーの資格にはこんな種類があります。
ウイスキーが好きになってきた。これからもっともっと知りたい。そんな時はウイスキーの資格を取ってみませんか?ソムリエや利き酒師のようにウイスキーにも人に自慢できる資格があるのです。
ウイスキーは熟成させた焼酎?どんな違いがあるのか
麦を発酵させてお酒を造り、それを蒸留する。これはモルトウイスキーと麦焼酎の共通点です、しかし色も、香りも、味も全く違います。そもそもウイスキーと焼酎は何がどう違うのでしょうか?
ウイスキーへの個性が詰まったシングルモルトとは?
ウイスキーへの造詣を深めるうえで知っておきたいのがシングルモルト。シングルモルトウイスキーは個性が強いので、今までのウイスキーで物足りない方にもおすすめです。
スコッチウイスキーの味を決めるモルトとは何のこと?
ウイスキーの原料は穀物を使います。中でもスコットランドやアイルランドはモルト、アメリカではグレーンを多く使う傾向にあります。モルトを使うことでどんなウイスキーになるのでしょうか?
ウイスキーを飲むのに欠かせないチェイサーとは?
ウイスキーが分かりづらいのは知らない用語が少なからずあるのが理由かもしれませんね。たとえば、バーでウイスキーを頼むとチェイサーについて聞かれます。いきなりだと慌ててしまいませんか?
スコッチの香りを表すスモーキーとはどんな香り?
ウイスキーの香りとしてよく聞くのがスモーキーフレーバー。飲み物なのに煙の香りとはいったいどういうことなのでしょうか?その答えはスコッチウイスキーの製法にありました。
スコッチウイスキーは他とはどう違うの?
ウイスキーといえば思い浮かぶのはスコッチウイスキー。通称スコッチはバーボンとはどのように違うのか?また、スコッチの中にもどのような種類があるのかをご紹介します。
バーボンウイスキーとは?おすすめの種類は?
ウイスキーの種類でよく聞くのがバーボンウイスキー。武骨なイメージがありますが実は甘くて飲みやすいのがバーボンの魅力です。ここではバーボンの特徴や代表的な銘柄を紹介します。
体にやさしいウイスキーのお湯割りのすすめ
ウイスキーをちょっと違った飲み方をしたい。冬にハイボールはちょっとなあ...というあなたにおすすめなのがお湯割りです

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果