ウイスキーの製法を簡単に解説

<スポンサーリンク>

ウイスキーの製法を簡単に解説

せっかくウイスキーを楽しむなら、それがどんなふうに作られているかも知りたいですよね?そこで、こちらではウイスキーの製法をご紹介します。

 

原料を発酵させます

ウイスキーの原料は大きく大麦(モルト)とそれ以外の穀物(グレーン)に分かれます。まずは、ウイスキーのもととなる液体を作るために発酵させます。ウイスキーの発行には麦芽酵素を使いますが、スコッチウイスキーの場合はピートという燃料を使って発酵をすることで独特のスモーキーフレーバーが付きます。また、原料だけでなく仕込み水も味を決める重要な要素となります。
特にモルトを発酵させるとビールのような液体ができますが、味は似ても似つきません。

 

つぎに、発酵させたもろみを蒸留します

 

モルト、グレーンを発酵させたものを加熱して、アルコールを分離します。蒸留をするときに使う独特な器具はポットスチルと呼ばれており、この形もウイスキーの味わいに関わります。蒸留は2〜3回行われ、3回行うとクリアに、2回なら個性が残ります。この時はまだほかのお酒のように透明です。

 

蒸留した原酒を熟成させます

 

そしてウイスキーの決め手は熟成。何年もかけて樽の中で色と香りが付けられていきます。樽の素材や大きさ、熟成年数が重要な要素、中には焦がした樽や、他のお酒が入っていた樽を使う場合もあります。

 

 

 

ウイスキーの性質上、最も時間のかかる工程は熟成です。もし、年数表記を見た時はこれだけの時を超えてボトリングされたのだと思いを馳せてみませんか?

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

ウイスキーの原酒とはどんな味がするのか?
ウイスキーには通常売られている製品の他に“原酒”と書かれているボトルがあります。これは一体どういう意味なのでしょうか?
ウイスキーの水割りを美味しく作るならこの比率がベスト
ウイスキーを程よいアルコールで飲みたいとき、おすすめなのが水割りです。普段は目分量で作っている人も、美味しい比率を試してみませんか?
ウイスキーの色ってどんな成分でできているの?
ウイスキーの特徴と言えばあの見惚れるような琥珀色。ただ樽に入れているだけなのにどうして色が変わっていくのでしょう。その成分も合わせて説明します。
ウイスキーの香り成分にはどんなものがあるの?
ウイスキーの香りは多様にして複雑。本当に色々な成分が入っているようです。
ウイスキーはどんな仕組みで蒸留しているの?
ウイスキーの美味しさを決める要素である蒸留。たまにウイスキーにのボトルに載っている絵も蒸留所や蒸留器を表していることがあります。
ウイスキーの原料
ウイスキーは洋酒として威嚇的メジャーですが、同じような蒸留酒としてはジンやラムがあり、さらに同じように熟成するものとしてはブランデーが有名です。ウイスキーの原料はどう違うのでしょうか?

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果