ウイスキーの香り成分にはどんなものがあるの?

<スポンサーリンク>

ウイスキーの香り成分にはどんなものがあるの?

ウイスキーの香りは多様にして複雑。本当に色々な成分が入っているようです。

 

ウイスキーの香りはこうして作られる

 

ウイスキーの香りとして考えられるのは、原料の香り、ピートの香り、樽の香りです。まず、原料として穀物を使っているため穀物の香りや発酵によって作られるエステルの果実のような甘い香りがします。これは吟醸香にも似ています。さらに、スコッチウイスキーの場合はモルトを乾燥させるためにピートと呼ばれる燃料を使います。この香りはフェノール類と呼ばれ、煙臭さや薬臭さを加えます。初心者向けのウイスキーはこの香りが抑えめです。そして、蒸留するときにはそこに化学反応が起きることで甘いにおいや香ばしさが出ます。その状態の原液を樽に入れて熟成させます。現役の状態ではジメチルスルフィドのようなにおいもあり、ウイスキーとは程遠いです。

 

樽の香りは美容効果も期待できます

 

そして、樽の中で長い間熟成されることによって木材の成分が混ざります。特に有名なのはバニラの香り成分でもあるバニリンや、こちらも甘い香りのするラクトンです。他には色の成分としてタンニンやポリフェノールも混ざります。しかも、熟成を通して嫌な香りや酒臭さがまろやかになっていく効果もあるのですが、これは間が科学的によく分かっていません。

 

 

 

このように、ウイスキーには色々な香り成分が入っています。より香りが複雑なものは香味成分の多さや豊富さが関わりますし、木材を変えるだけでもガラリと変わります。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

ウイスキーの原酒とはどんな味がするのか?
ウイスキーには通常売られている製品の他に“原酒”と書かれているボトルがあります。これは一体どういう意味なのでしょうか?
ウイスキーの水割りを美味しく作るならこの比率がベスト
ウイスキーを程よいアルコールで飲みたいとき、おすすめなのが水割りです。普段は目分量で作っている人も、美味しい比率を試してみませんか?
ウイスキーの色ってどんな成分でできているの?
ウイスキーの特徴と言えばあの見惚れるような琥珀色。ただ樽に入れているだけなのにどうして色が変わっていくのでしょう。その成分も合わせて説明します。
ウイスキーはどんな仕組みで蒸留しているの?
ウイスキーの美味しさを決める要素である蒸留。たまにウイスキーにのボトルに載っている絵も蒸留所や蒸留器を表していることがあります。
ウイスキーの原料
ウイスキーは洋酒として威嚇的メジャーですが、同じような蒸留酒としてはジンやラムがあり、さらに同じように熟成するものとしてはブランデーが有名です。ウイスキーの原料はどう違うのでしょうか?
ウイスキーの製法を簡単に解説
せっかくウイスキーを楽しむなら、それがどんなふうに作られているかも知りたいですよね?そこで、こちらではウイスキーの製法をご紹介します。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果