ウイスキーの水割りを美味しく作るならこの比率がベスト

<スポンサーリンク>

ウイスキーの水割りを美味しく作るならこの比率がベスト

ウイスキーを程よいアルコールで飲みたいとき、おすすめなのが水割りです。普段は目分量で作っている人も、美味しい比率を試してみませんか?

 

水割りは日本ならではの飲み方

 

こんなに強いウイスキーですからどこの国でもハイボールで飲んでいることだろう...いえいえ、そんなことはありません。むしろ海外ではストレートで飲むことが一般的です。しかし、なぜ日本人が割って飲むのか。それは日本人がお酒に強くないこと、食中酒として飲むため、冷たいお酒を好むからという理由があるようです。今では海外の一部でmizuwariという日本語が通じるのだとか
ちなみに、ウイスキーの味を確かめる時は氷なしで水とウイスキーを1対1にしたトゥワイスアップという状態にします。この状態がもっとも香りが広がるのだそうです。

 

美味しい比率はワン・ツー・スリー

 

ウイスキーの水割りはさわやかに飲むと言うだけでなくお酒の香りを楽しむ目的もあるので、ハイボールより少し濃いめに作ります。サントリーではウイスキー1に対して水2〜2.5、ニッカウヰスキーのサイトでは、ウイスキー1に対して水2、そして氷を3つという飲み方が推奨されています。

 

 

 

水割りを長く楽しむためには温度が安定することです。そのため、グラスの温度で氷が早く溶けないように気を付けます。これはグラスをあらかじめ冷やすほか、事前に氷を入れてマドラーでかき混ぜるだけでも効果があります。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

ウイスキーの原酒とはどんな味がするのか?
ウイスキーには通常売られている製品の他に“原酒”と書かれているボトルがあります。これは一体どういう意味なのでしょうか?
ウイスキーの色ってどんな成分でできているの?
ウイスキーの特徴と言えばあの見惚れるような琥珀色。ただ樽に入れているだけなのにどうして色が変わっていくのでしょう。その成分も合わせて説明します。
ウイスキーの香り成分にはどんなものがあるの?
ウイスキーの香りは多様にして複雑。本当に色々な成分が入っているようです。
ウイスキーはどんな仕組みで蒸留しているの?
ウイスキーの美味しさを決める要素である蒸留。たまにウイスキーにのボトルに載っている絵も蒸留所や蒸留器を表していることがあります。
ウイスキーの原料
ウイスキーは洋酒として威嚇的メジャーですが、同じような蒸留酒としてはジンやラムがあり、さらに同じように熟成するものとしてはブランデーが有名です。ウイスキーの原料はどう違うのでしょうか?
ウイスキーの製法を簡単に解説
せっかくウイスキーを楽しむなら、それがどんなふうに作られているかも知りたいですよね?そこで、こちらではウイスキーの製法をご紹介します。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果