ウイスキーで二日酔い、そんな時の治し方はこれ

<スポンサーリンク>

ウイスキーで二日酔い、そんな時の治し方はこれ

ウイスキーは度数が強く。つい飲み過ぎると二日酔いになってしまいます。二日酔いになってしまった時にどんな症状が起き、どんな直し方があるかを知ることもお酒を楽しむ秘訣でしょう。

 

二日酔いの原因はアルコールの浄化ができていないから

 

アルコールは最終的には水と二酸化炭素に分解されて体外にでていきます。しかし、その過程で一度アセドアルデヒドというより有害な物質に変化します。アセドアルデヒドが体内に残ると頭痛やだるさ、むかつきなどよくある二日酔いの症状が起きます。他にも胃酸が減ることや脱水も二日酔いを引き起こすそうです。残念ながら日本人はアセドアルデヒドの分解が遅く、ある意味二日酔いしやすい人種と言えます。
他に、ウイスキーの一部にはメタノールと呼ばれるアルコールが入っています。エタノールより残りやすいため、二日酔いの原因となることもあります。

 

二日酔いを治すには十分な水分と栄養を

 

アルコールを摂った次の日は特に水分や血糖が少なくなります。そこで、十分な水分と糖分を摂りましょう。スポーツドリンクがおすすめです。そして、アセドアルデヒドの分解を助けるためにはシジミやゴマがおすすめです。グルタミンやタウリン、オルニチンなど栄養ドリンクでも聞くような成分が二日酔いにも効果を発揮します。
一応、ウイスキーは蒸留酒なので醸造酒よりも消化すべき物質が少なく、酔いにくいお酒とされています。

 

 

 

このように二日酔いはなった後でも対策できますが一番はウコンや胡桃を摂って代謝を促したり、水分を取って利尿を促すことで二日酔いを予防することも有効です。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

ウイスキーが痛風に効果があり、その秘密は樽熟成にあった!
お酒で気を付けたいのは痛風ですよね。しかし、焼酎やウイスキーのような蒸留酒にはs飲んでん陰となるプリン体がほとんど含まれていません。しかも、ウイスキーには樽の成分による痛風予防効果まで期待されています。
ウイスキーが糖尿病に良いってどういうこと?
お酒は太る。高血圧や糖尿病の予防にもお酒はやめた方がいいと良く聞きます。しかし、ウイスキーから血糖値を下げる成分が検出されたのです、一体どのようなものなのでしょうか?
ウイスキーで痩せる?その理由は糖質の低さにあった
お酒を飲む生活をすると気づけば体重が増えている…そんなこと、ありませんか。ウイスキーは蒸留酒だから痩せるという話も聞きますが実際のところダイエットに良いのでしょうか
ウイスキーの適量は1日60ml
お酒は適量が大切。それ以上飲むと悪酔いするばかりでなく、体にも悪い影響が出ます。中でもウイスキーはアルコール度数40°と非常に強いお酒です。適量だと1日何mlあたりになるのでしょうか?
ウイスキーの飲み過ぎは厳禁。でも適量なら体にいいってどういうこと?
お酒の飲み過ぎは健康に悪い。それは分かっていますが、ウイスキーのように一杯の少ないお酒はついついもう少しと飲んでしまいます。ハイボールも自分で作れるのでやはり適量を心がけて楽しみたいものです。
ウイスキーは健康にどう作用するのか
お酒は百薬の長とも、酒は万病のもととも言われます。確かにお酒は飲み過ぎると肝臓をはじめとする臓器に悪影響を与えますが、適量なら大丈夫。しかも、ウイスキーにはこんなうれしい影響も期待されています
ウイスキーは意外と高カロリー?意外と知らないお酒のカロリー表示
カロリーが気になるなら手低カロリーのウイスキーを…とよく聞きますが、実はウイスキーにも1杯あたり70kcalと意外に高い数値を誇ります。カロリーが高いのに糖質ゼロとはいったいどういうことでしょうか?
ウイスキーは酔いにくい?酔いやすい酒ってどんなもの?
良いお酒は二日酔いしないと言う説はよく聞きますが本当にお酒と酔いやすさに関係があるのでしょうか?しかも、ウイスキーのような度数の高いお酒も酔い辛いと言われています。その理由はぜひ知りたくありませんか?
ストレートでも喉にやさしくウイスキーを楽しむ方法
ショットグラスで一気に飲む。これはいつの時代も男らしさの象徴と言えます。しかし、ストレートで飲むのは喉に痛いですし胃にもよくありません。では、ストレートで飲む人はどのように楽しんでいるのでしょうか?
ダイエットに効果的?ウイスキーだけ持っていない食欲増進効果とは?
お酒を楽しむうえで、カロリーや太りやすさは気になりますよね。そこで今回はウイスキーの太りやすさや健康・ダイエット効果についてご紹介いたします。
太る?太らない?ウイスキーの意外な落とし穴
ダイエットをしたいからお酒をやめる。これはよく聞きますがお酒のカロリーってどのくらい高いのでしょうか?そして、ウイスキーは太りやすいのでしょうか?
糖分の入っていないウイスキーなら虫歯にも安心?
虫歯で気を付けたいのは糖質です。お酒にもいくらか糖質が含まれていますが、ウイスキーにはほとんど含まれません。それなら、ウイスキーは虫歯にならないお酒と言えるのでしょうか?
糖質制限中はウイスキーを飲んで大丈夫?
ダイエットの大敵となる糖質を制限する糖質制限ダイエット。お肉は食べられますが、お酒は飲むことができるのでしょうか?もし飲むとしたらどんなお酒ならOKでしょうか?

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果