ブドウの種を発芽させる方法

<スポンサーリンク>

ブドウの種を発芽させる方法

ブドウの種を発芽させて育てる方法や種の保管方法を紹介しています。

 

ぶどうの種の発芽について

一応スーパーで買ってきたぶどうであっても発芽させることは可能です。発芽率も意外と高いのですが、時間は結構かかると思います。

 

8月頃植えたとしたら11月頃に芽がでるかと思います。基本的にブドウは耐寒性が高いのですが小さいうちはまだ十分なそれが備わっていないので室内で育てておきましょう。

 

まあおすすめなのは10~12頃に植えておくことですね。そしたら春に芽を出してくれるので冬までにかなり成長してくれるかと思います。

 

乾燥させてから蒔くべき?

ブドウの種は乾燥に弱いので、乾燥させずに湿ったまま畑や鉢に植えるようにしましょう。

 

種の保管方法

乾燥させずに保管するにはどうすればいいの?ということをよく聞かれるので、私がやっている方法ですが、種を濡らしたキッチンペーパーに包み、ジップロックなど袋にいれて野菜室に入れておきます。これで自分の植えたい時期まで保管させておきます。

 

栽培方法

種を植えた後の栽培方法に関しては【⇒⇒ブドウの栽培方法】を参考にしてください。

 

野生のブドウはどうやって発芽する?

ちなみに人間の手など借りることができない野生のブドウはどうやって発芽しているのかといいますと、これは鳥などの野生動物に食べられたのち糞として排出されて発芽するような仕組みになっています。自然界はそうやってうまく回っているのだと感心しますね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ぶどうの栽培方法
美味しくて健康にも良い「ぶどう(巨峰)」の栽培方法について紹介しています。
ぶどうの種まきの時期はいつ?
ブドウを育てたいという人によくある質問で「種まきはいつ?」というものがあります。今回はその種まきの時期も含めて、ブドウの種蒔きをテーマにお話したいと思います。
ブドウの種を植えると育つの?
ブドウの種は残す人がほとんどだと思いますが、誰もが一度は「この種って植えるとどうなるんだろう?」と思った経験はあるのではないでしょうか?
ぶどうの収穫時期
ぶどうの収穫時期について解説しています。美味しいブドウが収穫できる時期はいつごろになるのでしょうか。
ぶどうの産地ランキング
日本でブドウの収穫量が多い産地をランキング形式で紹介しています。
ぶどうの病気
ぶどうを栽培するうえで最も気をつけなければいけないこと。それは病害です。今回はぶどうの病気の種類を紹介しています。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果