ぶどうの産地ランキング

<スポンサーリンク>

ぶどうの産地ランキング

日本でブドウの収穫量が多い産地をランキング形式で紹介しています。

 

1位 山梨県

日本におけるブドウ生産の約3割は山梨産となっています。栽培面積も生産量も日本一となっています。山梨ではブドウ栽培の歴史は深く、1300年前から始まっていたともいわれています。育てられている品種は巨峰・デラウェア・ロザリオビアンコ・ピオーネなど多岐にわたります。

 

2位 長野県

長野県は昼夜の気温差が大きいので、実が膨らんだり縮んだりして味が引き締まります。特に長野県の北部、北信州にあるJA須高とJA中野市はとくにブドウ栽培が盛んに行われている場所です。

 

3位 山形県

山形県もブドウ栽培の歴史が古く、江戸時代初期から始まったともいわれています。山形県のブドウ発祥の地は南陽市鳥上坂です。この土地の水はけがよくて日当たりがよく、さらに昼夜の寒暖差が大きいという特徴がブドウ栽培にあっていたのですね。

 

4位 岡山県

岡山桃茂実苑や石原果樹園でのブドウ狩り目的で全国からたくさんの観光客が足を運びます。

 

ちなみにブドウ消費量とワイン消費量の相関は高いです。ブドウの産地ではブドウとワインの消費量がともに高いです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ぶどうの栽培方法
美味しくて健康にも良い「ぶどう(巨峰)」の栽培方法について紹介しています。
ぶどうの種まきの時期はいつ?
ブドウを育てたいという人によくある質問で「種まきはいつ?」というものがあります。今回はその種まきの時期も含めて、ブドウの種蒔きをテーマにお話したいと思います。
ブドウの種を植えると育つの?
ブドウの種は残す人がほとんどだと思いますが、誰もが一度は「この種って植えるとどうなるんだろう?」と思った経験はあるのではないでしょうか?
ブドウの種を発芽させる方法
ブドウの種を発芽させて育てる方法や種の保管方法を紹介しています。
ぶどうの収穫時期
ぶどうの収穫時期について解説しています。美味しいブドウが収穫できる時期はいつごろになるのでしょうか。
ぶどうの病気
ぶどうを栽培するうえで最も気をつけなければいけないこと。それは病害です。今回はぶどうの病気の種類を紹介しています。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果