<スポンサーリンク>

赤ワインを飲むと下痢になる場合

赤ワインを飲むと下痢・便秘になる、腹痛になるという声が意外と多いと思ったので原因について調べてまとめました。症状改善の参考になれば幸いです。

 

赤ワインで下痢・便秘・腹痛に・・・理由は?

●原因としてはほとんどのワインに入っている酸化防止剤である亜硝酸塩に体が拒否反応を起こしているからかもしれない。

 

●ワインを飲んでから翌日や翌々日に症状がでるという報告が多い。

 

●もともと下痢体質の人がなりやすいようだ。

 

●ワインを日本酒に変えたら腹痛が治まったという例も。

 

●また飲みすぎは下痢や腹痛の原因になる。

 

●適量のアルコールならば腸の動きを活発にするが、大量に飲みすぎると逆に腸の粘膜が荒らされ、消化吸収機能が低下し下痢に繋がるのだ。

 

下痢や便秘の改善に効果的な食べ物

下痢の改善方法として以下の食べ物が効果的です。

 

らっきょうの匂い成分である塩化アリルには強い抗菌作用がある。

 

はちみつのは赤痢菌を10時間で消滅させるというほどの殺菌力を持つ。

 

紅茶は腸の収れん効果が高いので下痢の症状緩和に効果的。

 

ヨーグルトは腸内細菌を増やしてくれてお腹の調子が悪い時にはうってつけである。

 

リンゴに豊富なペクチンは腸内を酸性にして善玉菌を増やしてくれる⇒腸内環境を整えてくれる。

<スポンサーリンク>

関連ページ

健康的な赤ワインの飲み方
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
赤ワインの1日の適量は1日○○ml
ワインは身体に良いというけれど、飲みすぎもよくないといわれます。では適量ってどのくらいなの?どのくらい飲むなら健康的?と思いますよね。調べて情報をまとめました。
毎日ワインは健康に良い?悪い?
毎日ワインを飲むことは健康に良いのか悪いのか。ワイン好きの私としては気になるので情報をあさって調べてみました。ネット情報元なので真偽については保証できませんが参考までにして頂ければと思います。
赤ワインの飲みすぎによる害
赤ワインの飲みすぎによっておこされる健康被害とは。
赤ワイン健康説は嘘だった?
赤ワインが健康との情報は誤りである、あるいは嘘も含まれているという意見もあります。赤ワイン健康法について否定的な見方を集めてみました。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果