赤ワインの1日の適量は1日○○ml

<スポンサーリンク>

赤ワインの1日の適量は1日○○ml

ワインは身体に良いというけれど、飲みすぎもよくないといわれます。では適量ってどのくらいなの?どのくらい飲むなら健康的?と思いますよね。調べて情報をまとめました。

 

健康に良いワインの適量とは

●1日のお酒の適量を決める基準となるのは「血中アルコール濃度」である。

 

●1日あたりグラス2杯ほどのワインを飲むことで血中アルコール濃度は健康的なラインを保ちつつワインの効果の恩恵を受けることができる。

 

●1日2~3杯のワインは大体ワイン1/3本(240ml)ほどである。

 

●1日2杯のワインを飲む女性は心臓病にかかる確率が、飲まない人よりも30〜40%低下する。

 

●逆に1日あたり12杯になるとがんになる確率が上がってしまう。

 

●週3日のペースで適度な飲酒をする習慣のある女性は、その習慣がない女性よりも骨密度が高いことがわかった。(フィンランドの研究報告)

 

●ただし肥満体の場合は適量を飲んだとしてもワインの効果現れにくくなるそうな。

 

【参考記事:http://tawara777.blog48.fc2.com/blog-entry-1347.html】

 

※赤ワインの効能【⇒詳細記事
●脳の血流を促進させて頭をリフレッシュさせる。
●ポリフェノールの一種「レスベラトロール」は騒音による聴力低下の防止になるとのこと。(米ヘンリー・フォード病院の研究結果)
●血栓を防ぎ、高血圧を予防することで脳卒中や心筋梗塞などリスク減。

<スポンサーリンク>

関連ページ

健康的な赤ワインの飲み方
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
毎日ワインは健康に良い?悪い?
毎日ワインを飲むことは健康に良いのか悪いのか。ワイン好きの私としては気になるので情報をあさって調べてみました。ネット情報元なので真偽については保証できませんが参考までにして頂ければと思います。
赤ワインの飲みすぎによる害
赤ワインの飲みすぎによっておこされる健康被害とは。
赤ワインを飲むと下痢になる場合
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
赤ワイン健康説は嘘だった?
赤ワインが健康との情報は誤りである、あるいは嘘も含まれているという意見もあります。赤ワイン健康法について否定的な見方を集めてみました。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果