<スポンサーリンク>

赤ワインの飲み方

赤ワインの飲み方について紹介しています。赤ワインの効能については【赤ワインの栄養は本当か?】でもお話した通りです。ではどのように飲めば一番健康に良いのでしょうか。

 

健康のための飲み方

●たまに思いついた時に飲むより、日にちを時間を決めて習慣的に飲むようにしたほうがよい。

 

●1日の適量としての目安は2~3杯/日。ワイン1/3本(240ml)ほどである。

 

●1日2杯のワインを飲む女性は心臓病にかかる確率が、飲まない人よりも30〜40%低下するという。

 

●食べ合わせとしてはレバーや豚肉などのビタミンB1を多く含む食品がおすすめである。

 

レバーやビタミンB1はアルコールの代謝を高め、たんぱく質は肝臓を保護する効果がある。

 

ワインの保存方法【⇒詳細記事

●一定温度で湿度が高い・日光が当たらないところで保存する。

 

●遮光性・断熱性に優れる木箱や段ボール、その他の収納スペースに入れて保存しておくと良いだろう。

 

ワインって腐るの?

ワインは10度以上のアルコールを含んでいることもあり、腐ることはない。だが栓を開けてからあまりにも長期間放置していると酸化がすすみ味も香りも劣化するので注意。赤ワインならば3〜7年程度が目安。(ただワインは一度開けたらその日のうちに飲まなければいけないというのは間違い)

<スポンサーリンク>

関連ページ

赤ワインの1日の適量は1日○○ml
ワインは身体に良いというけれど、飲みすぎもよくないといわれます。では適量ってどのくらいなの?どのくらい飲むなら健康的?と思いますよね。調べて情報をまとめました。
毎日ワインは健康に良い?悪い?
毎日ワインを飲むことは健康に良いのか悪いのか。ワイン好きの私としては気になるので情報をあさって調べてみました。ネット情報元なので真偽については保証できませんが参考までにして頂ければと思います。
赤ワインの飲みすぎによる害
赤ワインの飲みすぎによっておこされる健康被害とは。
赤ワインを飲むと下痢になる場合
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
赤ワイン健康説は嘘だった?
赤ワインが健康との情報は誤りである、あるいは嘘も含まれているという意見もあります。赤ワイン健康法について否定的な見方を集めてみました。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果