赤ワインの飲みすぎによる害

<スポンサーリンク>

赤ワインの飲みすぎによる害

赤ワインの飲みすぎによっておこされる健康被害とは。

 

赤ワインの飲みすぎに警報!

●赤ワインがいくら体に良いといってもアルコールであるということを忘れてはならない。

 

●アルコールというのは肝臓に負担をかけるわけだから、飲みすぎ=過度な負担となり肝臓に悪影響がでる。

 

●フランスではワインの消費量が日本とは比較にならないほど多いが、脂肪肝や肝臓がんなどの疾患率が高く、政府は摂取を適量に控えるように勧告している。

 

●またワインも飲みすぎるとアルコール中毒になる可能性があり危険な面もある。

 

●ワインで健康作りをしようとしていたら、いつの間にかワインにどっぷりつかるほど飲みまくっていたというのは本末転倒。

 

●適量の赤ワインは老化防止に良いと期待されるが、飲みすぎは心身を疲弊させて逆に老化を促進させることになる。

 

●ちなみにポリフェノールというのは無理にワインから摂らなくともコーヒーなどにも同程度含まれている。

 

●アルコールが心配ならばコーヒーを摂ることも一つの選択肢だろう。

 

コーヒーの効能
●高血圧改善:コーヒーに含まれるカフェインは血流を促進し低血圧や高血圧の予防に効果的。

 

●利尿作用:カフェインの利尿作用で体内の老廃物を排出してくれる。

 

●ストレス解消:コーヒーの香りや苦みが心身をリラックスさせてくれる。

 

●二日酔い防止:二日酔いの原因のアセトアルデヒドを分解してくれる効果がある。

<スポンサーリンク>

関連ページ

健康的な赤ワインの飲み方
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
赤ワインの1日の適量は1日○○ml
ワインは身体に良いというけれど、飲みすぎもよくないといわれます。では適量ってどのくらいなの?どのくらい飲むなら健康的?と思いますよね。調べて情報をまとめました。
毎日ワインは健康に良い?悪い?
毎日ワインを飲むことは健康に良いのか悪いのか。ワイン好きの私としては気になるので情報をあさって調べてみました。ネット情報元なので真偽については保証できませんが参考までにして頂ければと思います。
赤ワインを飲むと下痢になる場合
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
赤ワイン健康説は嘘だった?
赤ワインが健康との情報は誤りである、あるいは嘘も含まれているという意見もあります。赤ワイン健康法について否定的な見方を集めてみました。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果