赤ワインの熟成

<スポンサーリンク>

赤ワインの熟成

赤ワインの熟成のポイントを解説しています。どうして熟成するのか?熟成に適した温度は?などなど熟成に関する疑問解決の手助けになればと思います。

 

赤ワインを熟成させる理由

●熟成はワインの味に深みを生むためには必要不可欠である。

 

●熟成させるほど口当たりが柔らかくなり飲みやすいワインとなる。

 

●葡萄から発酵や圧搾の工程を経て絞り取ったワインは樽やタンクに入れて熟成させる。

 

●樽の成分がワインに溶けだし香りや旨味を作り出す。熟成の進行具合は樽の大きさや樽の種類・古さなどによって変化する。

 

●樽にワインを入れて熟成させることをフランス南西地域では「シェ(Chai)」と呼ぶ。北東部や北西部ではカーヴ(Cave)と呼ぶ。

 

熟成に適した温度や熟成期間と色の関係

●熟成に適した温度は12~15℃。

 

●熟成場所は土地柄によって異なる。建物の中で熟成させるところもあれば天然の保温性の高い地下倉で熟成するところもある。

 

●基本的には色と熟成度の関係として不透明なワインほど熟成しているといっていい。

 

●ただしイタリアンワインなどフィルタリングをしていないワインに関してはもともと不透明であることが多い。

 

●世界的に最も有名なフランス・ボルドー地方原産の品種「カベルネ・ソーヴィニヨン」長期熟成型のワインに使われる。

 

▼北海道池田町にあるワイン城の熟成室の様子です▼

<スポンサーリンク>

関連ページ

日本のワインの歴史(1800年代編)
1800年代におけるワインの歴史を紹介しています。
ワイン発祥の地ってどこ?
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
赤ワインの醸造方法(作り方)
赤ワインの醸造方法を各工程ごとにわかりやすく紹介しています。
赤ワインの葡萄の代表的な品種
日本で生産される葡萄のほとんどは生食用ですが、世界的にみれば生産される葡萄の7割くらいはワイン用のものなんですよ。今回はそんなワインに用いられる葡萄の品種についての情報まとめです。
ワインの赤と白の違いは?
ワインの赤と白の違いとは・・・。白いワインと赤いワイン。何か違いがあるのでしょうか。わかりやすくまとめました。
シャンパンとアスティとは
シャンパンとアスティについて情報をまとめています。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果