ワインの赤と白の違いは?

<スポンサーリンク>

ワインの赤と白の違いは?

ワインの赤と白の違いとは・・・。白いワインと赤いワイン。何か違いがあるのでしょうか。わかりやすくまとめました。

 

ワインの赤と白の違い

●赤いワインは赤ワイン。白いワインは白ワインである。

 

●まずどちらも原料が葡萄というところは変わらない。

 

●ただこの2つは製法で大きな違いがある。

 

●赤ワインというのは皮の種も果実もまるごと絞ってとる果汁を使っている

 

●白ワインというのは皮も種も取り除いた果実だけから果汁を絞ったもの。

 

●色素ごと絞り取る赤ワインと違って、白ワインには色素が含まれないから白いのである。

 

●葡萄の色素のほとんどは皮の部分に集中している。

 

●ワインといえばポリフェノールだが、このポリフェノールの量でも白ワインと赤ワインでは大きく違う。

 

●葡萄に含まれるポリフェノールのうちほとんどは皮にある。そのため皮を取り除いてしまう白ワインにはあまりポリフェノールは含まれない(赤ワインの10分の1ほど)

 

白ワインと赤ワインの勘違い

●よく勘違いされるが、白ワイン=白い葡萄を使っている。赤ワイン=赤い葡萄を使っているというわけではない。

 

●結局赤い葡萄を使おうが、白い葡萄を使おうが、色素がほとんどない果実のほうだけを絞ってつくるワインは白ワインなのである。

 

●したがって真っ赤な葡萄からでも白ワインは作れる。

<スポンサーリンク>

関連ページ

日本のワインの歴史(1800年代編)
1800年代におけるワインの歴史を紹介しています。
ワイン発祥の地ってどこ?
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
赤ワインの醸造方法(作り方)
赤ワインの醸造方法を各工程ごとにわかりやすく紹介しています。
赤ワインの熟成
赤ワインの熟成のポイントを解説しています。どうして熟成するのか?熟成に適した温度は?などなど熟成に関する疑問解決の手助けになればと思います。
赤ワインの葡萄の代表的な品種
日本で生産される葡萄のほとんどは生食用ですが、世界的にみれば生産される葡萄の7割くらいはワイン用のものなんですよ。今回はそんなワインに用いられる葡萄の品種についての情報まとめです。
シャンパンとアスティとは
シャンパンとアスティについて情報をまとめています。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果