白ワインと赤ワインの違い・栄養比較

<スポンサーリンク>

赤ワインの栄養は本当か?白ワインとの比較

赤ワインの栄養が体にいい理由、白ワインとの栄養価の比較を紹介しています。

 

フランスのワイン文化について

フランスでは肝臓がんや食道がんなどの疾患率が高いです。それが問題になり政府は国民に摂取を控えるように勧告しました。

 

ただだからといって赤ワインが体に悪いということにはなりません。

 

赤ワインを飲む量というのは日本人とフランス人では天地の差です。フランス人というのは水代わりにワインを飲むくらい赤ワインを常飲しています。

 

ですが赤ワインというのはアルコールです。アルコールというのはやはり摂りすぎると肝臓に悪影響がでてきます。

 

ただし適量であれば【赤ワインの効果】でご紹介した通り、非常に健康にプラスの効果が得られることが期待できます。

 

栄養の秘密はポリフェノール

特に栄養価が高いといわれているのは赤ワインの代表的な成分である「ポリフェノール」です。

 

ポリフェノールは強力な抗酸化力を持ちますので、悪玉コレステロールの酸化を抑えてくれて動脈硬化を予防します。

 

フランス人は肝臓がんや食道がんの疾患率が高いですが、心臓病の疾患率が低いのです。

 

白ワインと赤ワインの栄養価の違い

これは気になる人が多いと思いますが、赤ワインと白ワインならポリフェノールを目的としているなら赤ワインのほうが栄養価が高いといえると思います。

 

●赤ワイン
⇒赤い皮の葡萄を使い、皮や種子、果汁をともに発酵させて絞る。

 

●白ワイン
⇒葡萄から果汁のみを絞り、果汁のみを発酵させたもの。色素は含まれないためワインは白くなる。

 

ポリフェノールが含まれているのは主に葡萄の皮ですから、皮ごと絞ってつくる赤ワインのほうが栄養価が高いのです。白ワインは赤ワインの約10分の1程度のポリフェノール量です。【関連記事:白ワインの効能

<スポンサーリンク>

関連ページ

赤ワインの健康効能
実は体に良い赤ワインの効能を紹介しています。
赤ワインが鬱病予防に効果的?
ワインでうつ病が予防できるかもしれないとのことなのでワインとうつ病予防に関する情報をまとめました。
赤ワインで老化防止できるって本当?
赤ワインは老化防止(アンチエイジング)ができるとのうわさがありますが本当なのでしょうか。赤ワインと老化防止の関係について情報をまとめてみました。
赤ワインとコレステロールの関係 動脈硬化を予防?
ワインとコレステロール値の関係性について解説しています。どうしてワインを飲むことで悪玉コレステロールが減らせるのでしょうか。
赤ワインと血圧の関係
ワインは血圧を下げる、高血圧の予防になるといわれていますが、本当なのでしょうか。気になったので調べて情報をまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。
赤ワインの美容・美肌効果まとめ
赤ワインには美肌効果があるといわれています。今回はその根拠となる情報をまとめてみました。
赤ワインは血糖値を下げる?糖尿病の予防?
ワインが血糖値を下げるとか糖尿病を予防できるという噂を聞きましたので真偽を確かめるべく情報を集めてみました。血糖値を下げたいという方の参考になれば幸いです。
赤ワインを飲むと記憶力が向上する?
赤ワインを飲むことで記憶力が向上するという情報について詳しくまとめてみました。
赤ワイン風呂の効能
入浴剤代わりにワインをお風呂に入れると様々な効果・効能があるみたいです。ワイン風呂の効能に関する情報をまとめました。
赤ワインで痩せるってマジ?
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
赤ワインのポリフェノールの種類
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
白ワインの効能
白ワインには健康や美容に良い様々な効能があるといわれています。白ワインと健康や美容との関係性をまとめました。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果