スパークリングワインの製法

<スポンサーリンク>

スパークリングワインの製法

スパークリングワインの製法であるシャンパーニュ方式、シャルマ方式、二酸化炭素吹き込み方式について解説しています。

 

スパークリングワインの製法

●スパークリングワインというのはワインの一種のことで、発酵する時に発生する炭酸ガスをそのまま封じ込めたワイン。

 

●開栓すると圧力によって二酸化炭素が立ち上ってくる。

 

●含まれている二酸化炭素の量に応じて「弱発泡性ワイン」と「強発泡性ワイン」に分けられる。

 

●スパークリングワインの製法には3種類ある「シャンパーニュ方式」「シャルマ方式」「二酸化炭素吹き込み方式」の3つだ。

 

シャンパーニュ方式:ワインを瓶詰めする際に新たに酵母と糖分を添加して炭酸ガスを発生させる。(二次発酵)その炭酸ガスがワインに溶け込むことで発泡酒となる。

 

シャルマ方式:シャルマ方式では二次発酵を瓶の中ではなく密閉耐圧タンクの中で行う。シャンパーニュ方式と比べて人手も時間もかからない。

 

二酸化炭素吹き込み方式:通常の工程で作ったワイン(スティルワイン)に二酸化炭素を吹き込む。大量生産を目的とした安価な方式。

 

フランスとワイン
フランスといえばワインですね。フランス人にとっては日本人のお茶と同じ感覚でワインを日常的に飲んでいます。ぶどうの栽培面積やワインの生産量ではスペインやイタリアに劣るものの、フランス特有の風土や気候から生まれる良質な味や洗練された味は世界的に高く評価されています。

 

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

スパークリングワインの保存
発泡性のワインであるスパークリングワインの最適な保存方法を紹介しています。
スパークリングワインの開け方のコツ
スパークリングワインの開け方のコツ、要点を紹介しています。
スパークリングワインと温度のこと
スパークリングワインを美味しく飲むのに最適な温度や、保存に適した温度を紹介しています。
飲みやすいスパークリングワインとは
発泡性のワインでもやはり飲みにくいものと飲みやすいものというのはあると思います。今回は個人的に飲みやすいと思ったスパークリングワインを紹介しています。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果