スパークリングワインの保存

<スポンサーリンク>

スパークリングワインの保存

発泡性のワインであるスパークリングワインの最適な保存方法を紹介しています。

 

スパークリングワインの保存方法のポイント

●スパークリングワインは良く冷やしてから飲むと発泡性が際立って美味しい。

 

●温度が高い場所では保存しない。

 

●温度が高いと二酸化炭素が膨張し開栓の時に圧力により中身が噴き出してしまう可能性がある。

 

●またその際に同時に香りまで損なう可能性がある。

 

●保存温度は年間を通じて12〜15℃ほどが最適温度である。

 

●日光が当たらない暗所

 

●振動がない静かな場所

 

●一般家庭の場合はキッチンの床下収納スペースが適している。

 

●飲み残しで翌日以降に飲む場合は酸化対策をしっかりしておくことが大切。

 

●ボトルの栓を再度入れるが、この時に緩みが生まれないようにしっかりと閉めておこう。

 

●あまったワインはペットボトルに移し替えるのもお勧めである。空気に触れる面積が極めて小さくなるので味の劣化が起こりにくい。

 

●あまりは冷蔵庫の野菜室に保存しておこう。

 

●冷蔵庫は開け閉めの回数が少なく温度変化や振動が頻繁に起こらない為保存に適す。

 

●スパークリングストッパーというボトルの口に圧力をかけて保存するアイテムを使えば、スパークリングワインの命でもある泡を損なわずにすむ。

 

●なお酸化が進んだからといって体に害があるわけではないので、飲むことはできる。

 

●ただ新鮮さやフレッシュ感といったものはやはり酸化が進むことで確実に損なわれてしまうことは知っておこう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

スパークリングワインの製法
スパークリングワインの製法であるシャンパーニュ方式、シャルマ方式、二酸化炭素吹き込み方式について解説しています。
スパークリングワインの開け方のコツ
スパークリングワインの開け方のコツ、要点を紹介しています。
スパークリングワインと温度のこと
スパークリングワインを美味しく飲むのに最適な温度や、保存に適した温度を紹介しています。
飲みやすいスパークリングワインとは
発泡性のワインでもやはり飲みにくいものと飲みやすいものというのはあると思います。今回は個人的に飲みやすいと思ったスパークリングワインを紹介しています。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果