渋みが強くて飲みにくい赤ワイン

<スポンサーリンク>

渋みが強くて飲みにくい赤ワイン

ワインといえば渋みが良さなのですが、その渋みが強すぎて苦手とする人もいるのも確かです。

 

ワインの渋みを消す方法は?

●特に渋みが濃いフルボディのワインをそのまま飲むのはきついという人は多い。

 

●こういったコクがあり渋みが強いワインに関しては牛ステーキやビーフシチューといったコクのある料理との相性は抜群。

 

●料理を口に運んだあとに、フルボディのワインを一口飲んでみたら渋みが強いワインに対する認識が変わるかもしれない。

 

●ハンバーグや赤ワインベースのソースをかけたステーキ、うなぎのかば焼き、トマト系パスタなどが渋みの強いワインと合う。

 

●またワインを冷やしすぎるのは渋みを強めてしまう要因になるので注意。【関連記事:美味しく飲む為の赤ワインの温度】

 

▼渋みが強いワインの紹介/Youtubeより▼

 

渋みの要因であるタンニンとは

ワインの渋みを生んでいるのはタンニンである。

 

●タンニンとはワインに含まれるポリフェノールの一種である。

 

●渋みを感じるのは口に入れた時にタンニンが口の中のたんぱく質と結合して変性する為に起こる現象である。

 

●タンニンは葡萄の皮や種子に多く含まれるため、醸造過程でこれらが取り除かれる白ワインにはあまりタンニンが含まれない。

 

●タンニンは味に深みや複雑性を持たせるだけではなく、酸化を防ぐという役割も担っている。

<スポンサーリンク>

関連ページ

赤ワインを大量消費したい方へアドバイス
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
赤ワインのアルコールの飛ばし方
料理で役に立つ赤ワインのアルコールの飛ばし方を紹介したいと思います。
料理と赤ワインの相性
ワインと合う料理、相性のいい組み合わせというのはどのようにして決めるのでしょうか。
ホットワインの効果・作り方
ちょっと変わったワインの飲み方「ホットワイン」の効果を紹介しています。
赤ワインが肉を軟らかくする理由 赤ワイン煮の効果
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果