赤ワインのアルコールの飛ばし方

<スポンサーリンク>

赤ワインのアルコールの飛ばし方

料理で役に立つ赤ワインのアルコールの飛ばし方を紹介したいと思います。

 

ノンアルコールワインの作り方

●ワインはアルコール度数がそこまで高くない醸造酒なので熱することにより水よりも低い温度でアルコールを飛ばすことができる。

 

●ただしアルコールを完全にゼロにして完全なるノンアルコールを作ることは難しいと思われる。

 

●これを実現するには水自体も蒸発し、かなり減るほど熱し続ける必要があるだろう。

 

●飲むのではなく、ワインソースなど食べ物を作る目的であればかなりのアルコールを飛ばす。

 

●大体元の量の3分の1くらいまで減らせばほぼアルコールが飛んだと考えることができる。

 

●様々なレシピで飛ばす部分の解説はやっているが具体的にどのくらい熱するかというのはまちまちな様子。

 

●例えばホットワインとして飲みたいという場合はひと煮立ちさせる程度で十分だろう。【関連記事:ホットワインの効能】

 

ワインを煮立たせている間はあまり近くにいたらアルコールを吸ってしまうため換気扇を回しておき、少し距離を置いておこう。

 

ノンアルコールワインは料理として使う方法もありますが、酒を控える妊婦さんなどでも飲めるので機会があれば作ってみてほしいと思います。

<スポンサーリンク>

関連ページ

赤ワインを大量消費したい方へアドバイス
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。
料理と赤ワインの相性
ワインと合う料理、相性のいい組み合わせというのはどのようにして決めるのでしょうか。
ホットワインの効果・作り方
ちょっと変わったワインの飲み方「ホットワイン」の効果を紹介しています。
渋みが強くて飲みにくい赤ワイン
ワインといえば渋みが良さなのですが、その渋みが強すぎて苦手とする人もいるのも確かです。
赤ワインが肉を軟らかくする理由 赤ワイン煮の効果
当サイトではワインの意外な効能を健康・美容などの観点から紹介しています。

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果