赤ワインの酸化の原因・防ぐ方法

<スポンサーリンク>

赤ワインの酸化の原因・防ぐ方法

ワインの酸化を防ぐ方法を紹介しています。

 

ワインの酸化の原因

●ワインの中身の成分が空気中の酸素と反応し始めることを酸化という。

 

●酸化が進んでしまうとワインの味や風味が変質してしまうので、基本的にはよくないこととされる。(これを変化として楽しむ者も多い)

 

●飲み残したワインはすでにボトル内に空気が入ってしまっているので、どうしても時間とともに酸化していく。

 

●そのため酸化の進行をできるだけ防ぐために、飲みかけのワインは立てて冷蔵庫に保管しておくのがベストである。

 

●わざわざ立てて保管するのはボトル内の空気とワインが触れる面積を小さくして、酸化の進行を遅くするためである。

 

●下記動画のような疑似真空をつくりだすことができる道具を使えば酸化を防ぎ新鮮な状態で1週間は美味しく飲めるだろう。

 

 

●ネット上では酸化を防ぐ方法としてオリーブオイルで油膜を張るという方法も紹介されているが、これは飲む時に分離に苦労するのでやめておいたほうがいい。

 

●ワインと言っても色々な種類があるので、酸化の速度や味の変化はものによる。

 

●劣化の早いもの、劣化の遅いもの様々である。

 

●酸化の速度が遅く、劣化しにくいものならば長いあいだゆっくりじっくり美味しく飲むことが可能。

 

●また開栓した後に数時間酸化させたほううがかえって美味しくなるワインもある。

<スポンサーリンク>

関連ページ

赤ワインの保存方法
赤ワインを美味しく飲むための正しい保存方法を紹介しています。
赤ワインの最適な保存温度
ワインの保存において最適な温度というのは何℃くらいなのでしょうか。
赤ワイン開封後の保管方法
赤ワインの開封後の保管方法について解説しています。
赤ワインの保管は横?立て?
ワインの保管は横にするべきか、立てるべきか?どちらがより鮮度を保って保管できるのか気になってので調べてまとめました。参考にしていただければ幸いです。
赤ワインは冷蔵庫?それとも常温保管?
赤ワインの保存に関して冷蔵庫でもいいの?常温じゃないと駄目なのかな?と疑問に思ったので調べたことをまとめました。
開栓した赤ワインは常温保存で飲める?
開栓後のワインってどうやって保管していますか?常温?冷蔵庫?おそらく普段はあまり飲まないけどたまたま人からもらったような人は思う疑問なのではないでしょうか。私も正確な情報が気になったので調べてみました。
ワインのコルクを抜いた後の保管方法
ワインを飲んだけど少し残してしまった。コルクはすでに抜いてある。どうやって保管しよう?

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果