赤ワインの保存方法

<スポンサーリンク>

赤ワインの保存方法

赤ワインを美味しく飲むための正しい保存方法を紹介しています。

 

赤ワインの保存方法まとめ

●保管に適した温度は14度~16度くらいといわれている。

 

●保存場所の湿度は75%くらいが最適。

 

●一定温度で湿度が高め・日光が当たらない暗所で保存するのが基本。

 

●日光が当たってしまうと、変質してしまう。日光臭という不快な臭いを発するようになってしまう。

 

●遮光性・断熱性に優れる木箱や段ボール、その他の収納スペースに入れて保存しておくと良いだろう。

 

●振動には注意しよう。振動が多いと変質してしまう可能性があるので静かな場所に保存しておく。

 

●飲み残した赤ワインに関しては冷蔵庫に保存しても問題ない。

 

●赤ワインは室温ともいわれるが、日本はヨーロッパと比べると温度が高くなりがちなため、むしろ飲み残しは冷蔵庫に保存したほうがいいだろう。

 

賞味期限は?

●一度開けたら必ずすぐに飲まなければいけないということはないが、3〜7年以内には飲み干すことをおすすめする。

 

●あまりにも長期間放置していると酸化がすすみ味も香りも劣化してしまう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

赤ワインの最適な保存温度
ワインの保存において最適な温度というのは何℃くらいなのでしょうか。
赤ワインの酸化の原因・防ぐ方法
ワインの酸化を防ぐ方法を紹介しています。
赤ワイン開封後の保管方法
赤ワインの開封後の保管方法について解説しています。
赤ワインの保管は横?立て?
ワインの保管は横にするべきか、立てるべきか?どちらがより鮮度を保って保管できるのか気になってので調べてまとめました。参考にしていただければ幸いです。
赤ワインは冷蔵庫?それとも常温保管?
赤ワインの保存に関して冷蔵庫でもいいの?常温じゃないと駄目なのかな?と疑問に思ったので調べたことをまとめました。
開栓した赤ワインは常温保存で飲める?
開栓後のワインってどうやって保管していますか?常温?冷蔵庫?おそらく普段はあまり飲まないけどたまたま人からもらったような人は思う疑問なのではないでしょうか。私も正確な情報が気になったので調べてみました。
ワインのコルクを抜いた後の保管方法
ワインを飲んだけど少し残してしまった。コルクはすでに抜いてある。どうやって保管しよう?

トップ 効能 注意点 醸造方法 保管方法 ダイエット効果